小学校プログラミング教育の必修化を前に、若年層向けのプログラミングに関する情報があふれている。 スポーツで才覚を現した子どもが称賛されるのと同様に、これからはプログラミングの才能を持った子ども達も認められる世の中になってほしい。 子どもたちが自身の強みや好きなことを見出し、それぞれが好きで得意なことを伸ばして評価され、日本の将来を担っていけるような環境を作っていくことが大切ではないか。 エンジニアから起業家としての経験も踏まえ、プログラミングが大好きな子ども達のために今何ができるのかを考える。